ボツリヌストキシン(ボトックス)注射

ボツリヌストキシン(ボトックス)注射はしわ治療において最もお手軽な治療のひとつです。
ボツリヌストキシンは筋肉の動きを弱めてくれるので、筋肉の動きでできるしわに効果的です。特に額、眉間、目尻のしわが気になるかたにおすすめです。

ボツリヌストキシンは、ヒアルロン酸のように直接しわを埋める治療ではないので、深く刻まれてしまったしわを改善することは難しいのですが、ボツリヌストキシンは筋肉を弛緩させる効果があるので、注入を繰り返すことで深いしわにも効果を発揮します。また、しわが深くなってしまう前に予防的にボツリヌストキシンを注入することも可能です。

ボツリヌストキシン注射はこんなかたにおすすめです
額の横じわが気になる
眉間の縦じわが気になる
目尻の横じわが気になる
ひとに気付かれたくない
お手軽な治療が良い

施術の流れ
まず起きた状態でしわの深さ、表情を作ったときにどのようにしわが入るかを確認します。ひとによって筋肉の動きや動きの強さが違うため、状態に合わせてデザインを行ないます。

痛みについて
痛みに弱いかたはご希望で麻酔クリームを塗ることができます。痛みを全くなくすことはできないのですが、ある程度刺すときの痛みを軽減することができます。ご希望のかたはカウンセリング時にご相談ください。30~40分麻酔クリームを塗布し十分に麻酔が効いてから施術を開始していきます。

腫れおよび内出血について
ボツリヌストキン注射の場合、腫れは目立ちません。刺入部に少し赤みと虫に刺された後のようなふくらみがでる場合があります。ほとんどの場合数時間後には治まります。内出血は比較的でないかたのほうが多いのですが、針を刺す以上可能性があります。内出血がでてしまった場合、軽度の内出血は1週間程度で落ち着きます。強めに出てしまった場合には2週間ほど落ち着くのに時間がかかることがあります。注射をした後、数時間あけていただければメイクすることができるので、内出血がでてしまった場合にはお化粧で隠すことができます。
内出血がでないようにするため、注射した当日は長時間の入浴やサウナ、激しい運動はお控えください。また注射当日に体を温めてしまうと注入したボツリヌストキシンの効果を弱めてしまう可能性があります。

ボツリヌストキシンの効果について
ボツリヌストキシンを注射して2~3日目から徐々に効果が現れて、1週間前後ではっきりとした効果を実感していただけます。1ヶ月くらい強い効果が持続します。その後、徐々に効果が弱まっていきます。個人差はありますが、ボツリヌストキシンの効果持続期間は6ヶ月前後です。

ボトックス注射、しわ治療の詳細

妊娠中および授乳中のかたへ
当院では妊娠中および授乳中のかたへのボツリヌストキシンの注射は控えさせていただいております。理由は胎児への安全性が100%確保されていないためとなります。

妊娠出産をご検討されているかたへ
ボツリヌストキシンの使用上の注意に「妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する」との記載があります。当院ではボツリヌストキシン注射後は2回の月経(生理)が終わるまで、もしくは3ヶ月以上経過するまでは妊娠しないようにしていただいております。
また「男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヶ月は避妊する」との記載があります。精子形成期間にボツリヌストキシンが投与されるのを防ぐためとの理由です。

関連記事

  1. わきボトックス

    わきボトックス

  2. あごのヒアルロン酸およびボトックス注入

  3. ボトックス注射

    気になる額のしわ

  4. ボトックスであごの梅干しジワを改善

  5. 咬筋ボトックス

    咬筋ボトックス(エラボトックス)