小陰唇縮小

小陰唇縮小のモニターさまの手術がありました。

当院ではVIO脱毛に通われるかたが多いこともあり、女性器の悩み、特に小陰唇についてのご相談が多いです。
黒ずみが気になる、大きさが気になる、形がいびつ、左右差があるなど。

今回のモニターさまは大きさと左右差が気になるということでご相談にこられました。

まず最初にお写真を撮らせていただき、ご状態を確認します。
次にご希望の形や大きさなどをお聞きした上で、どのような仕上がりになるかをお写真を見ながら説明させていただきます。

手術は基本的には局所麻酔で行います。麻酔が効いてしまえば、痛みを感じなくなるため、手術中に痛みを感じることはありません。デザインに沿って切開し、余分な小陰唇を切除します。しっかり止血をしてから縫合していきます。溶ける糸で縫合するため、抜糸の必要はありません。

切除した小陰唇

もともと左右差があるため、切除量も左右で異なります。

小陰唇は術後それほど腫れることはありませんが、じわじわと出血してくるため1~2日ガーゼを当てガードルなどで圧迫していただきます。術後1週間程は傷口より血が滲んでくるのでナプキンが必要です。術後感染の予防のため、抗生剤の処方をいたします。術後個人差はありますが、痛みがでてくるため、痛み止めのお薬も処方いたします。

その他リスクとしては血が溜まってしまい血腫ができてしまう、縫った糸が外れてしまい傷口が開いてしまうといったことが稀にあります。

傷口はおおよそ1週間から10日前後で治りますが、一時的に硬くなります。
1ヶ月ほど経過すると硬さもなくなり、自然な状態に落ち着きます。

今回行った手術名
小陰唇縮小術
通常価格 200,000円

モニター価格 100,000円

モニターさまのお写真は院内でご覧いただけます。
お気軽にご相談ください。

小陰唇縮小術のリスクと合併症
腫れ、内出血、血腫、感染、縫合不全など

小陰唇縮小女性器の悩みについてはこちら

関連記事

  1. 小陰唇縮小術のデザインについて

  2. 副皮のある小陰唇

  3. 副皮切除術

  4. クリトリス包茎+小陰唇縮小術