目頭切開

今回は目頭切開のモニターさまの手術がありました。

目頭切開は目頭側の蒙古ヒダと呼ばれる部分を切開し、ヒダの張りを解除する手術です。
目と目が離れている場合には目頭切開をすることで目と目の距離を狭めることができます。また蒙古ヒダの張りが強い場合、二重のラインは末広型になってしまいます。そのため、蒙古ヒダがある方で平行型をご希望の場合には二重幅を広めにとるか、目頭切開をして蒙古ヒダを切除する必要があります。また、目頭切開には目幅を広げる効果もあるため、目を大きくすることができます。

目頭切開はこんなかたにおすすめです
目と目が離れている
平行型の二重まぶたにしたい
目を大きくしたい

日本人の多くは蒙古ヒダがあるため、目頭切開の適応がある場合が多いのですが、中には目頭切開が向かない方もいます。蒙古ヒダが張っていない、元々目と目の間が狭いなど。目頭切開をすると目元の印象が大きく変化します。そのため、術後の仕上がりをしっかりとシュミレーションすることが大事となります。

今回のモニターさまは蒙古ヒダの張りがとても強く、末広型の二重まぶたでした。蒙古ヒダの張りが強いため、最大限に切開すれば、平行型の大きな眼になりそうな目元でしたが、あまり大きく変化はしたくないということで、Z形成術で控え目の切開にしました。

今回行った手術名
目頭切開(Z-plasty)
通常価格 200,000円

モニター価格 100,000円

目頭切開にはいくつかの方法があります。Z-plasty、W-plasty、リドレープ法など。どの方法を選択するかはご状態やご希望の仕上がりの形によって決めていきます。

目頭切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、傷跡、縫合不全、瘢痕

関連記事

  1. ヒアルロン酸注入による涙袋形成

  2. くま治療(経結膜脱脂)

  3. 埋没法(ループ3点法)