たるみのあるまぶた

埋没法

埋没法のモニターさまの手術がありました。

今回のモニターさまは二重まぶたのたるみを気にされて、ご相談にこられました。元々二重のかたですが、年齢とともに皮膚のたるみが強くなり二重のラインが見えなくなっています。
このようなかたの場合、ご希望の仕上がりによって手術の方法が変わってきます。

①目の上のたるみ取り(上眼瞼切開)
②眉下切開
③埋没法

たるみをなくしたい場合には切開して、皮膚のたるみをとる必要があります。(①または②)
切開する位置も二重のラインで切るか、眉の下を切るかの選択肢があります。どちらを選択するかは目元のご状態やご希望によって決めていきます。
切開に抵抗がある場合には糸で留める埋没法で二重のラインを広げていきます。(③)
埋没法では切開法に比べて、ダウンタイム(腫れや内出血)が少なく、傷跡もできません。

今回のモニターさまの場合には切開してまぶたのたるみを取る方法(上眼瞼切開もしくは眉下切開)がよい適応ですが、切開には抵抗があるということで、埋没法で二重の幅を広げることにしました。

手術前と手術直後

二重のラインがはっきりし、二重幅が広くなりました。
腫れが落ち着いてくると、もう少し二重の幅は狭くなります。手術直後なので突張った感じがありますが、時間とともに馴染んでくれば、もっと自然な二重になると思います。

今回行った手術名
埋没法(ループ3点法)
通常価格 120,000円(税抜)

埋没法は傷ができず、ダウンタイム(腫れや内出血)が比較的少ないのがメリットです。元に戻すこともできます。デメリットとしては外れる可能性があるのとたるみを改善することができません。

埋没法のリスクと合併症
腫れ、内出血、ツッパリ感、違和感、左右差、感染、しこり

 埋没法の詳細

関連記事

  1. 目頭切開

  2. 埋没法(ループ3点法)

  3. 埋没法

    末広型の二重まぶた

  4. 経結膜脱脂

    経結膜脱脂術後3日目

  5. 経結膜脱脂

    くま治療(経結膜脱脂)

  6. 埋没法モニター

    埋没法モニター