脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸術のモニターさまです。

今回のモニターさまは「脂肪注入でバストを大きくしたい」とのことでご相談にこられました。バストを大きくする場合にはヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンバッグによる豊胸術があります。それぞれにメリット、デメリットがあります。今回のモニターさまは脂肪注入をご希望されていたので脂肪注入による豊胸術を行ないましたが、細身のかただったので、バストに注入するための脂肪を採取するのが大変でした。

術前と術後
脂肪注入による豊胸術(ななめ)

バストがふっくらしました。細身のかたの場合、脂肪が必要量吸引できるかが問題となります。その他、定着率、しこりができてしまう可能性、脂肪融解といったリスクがあります。脂肪注入による豊胸術はヒアルロン酸と違い定着してくれること、仕上がりの形や触り心地がとても自然であることがメリットです。

今回行った手術名
脂肪注入による豊胸術
       通常価格 400,000円(税抜)
モニター価格 200,000円(税抜)

脂肪注入のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、しこり、石灰化、脂肪融解、感染など

脂肪注入による豊胸術の詳細

関連記事

  1. 脂肪注入による豊胸術

  2. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  3. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  4. 脂肪注入による豊胸術

    下垂したバスト

  5. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  6. 脂肪注入による豊胸術

    バストアップ&シェイプアップ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。