目頭切開(Z-plasty)

目頭切開

目頭切開のモニターさまです。

今回のモニターさまは「目と目が離れている」のを気にされ、ご相談にこられました。
蒙古ヒダがあるかたの場合には目頭切開をすることで目と目の間を狭くすることができます。切り幅によってどれくらい縮めるかは調節可能ですが、蒙古ヒダの張り具合によりどれくらい切れるかは異なります。切り過ぎると不自然になります。

術前
術前

術前の状態です。蒙古ヒダがあり、丸みがあります。今回のモニターさまは激変は望まず、できるだけ自然な仕上がりをご希望されました。そのため、今回は控え目に切開しました。その分傷も小さめです。

手術直後
術後

手術直後の状態です。麻酔が効いている部分の皮膚が白くなっています。傷まわりに少し内出血がでています。目頭切開は腫れが少ない手術です。今回はZ-plastyで行ないました。丸みのあった目頭が内側に尖り、目幅が縮まりました。

術後1週間
術後1週間

術後1週間目、抜糸直後の状態です。傷に赤みがあります。目の下に内出血がでています。

目頭切開はとても単純な手術です。z-plastyは皮膚を切開して、皮弁を入れ替え、縫合します。目頭切開の難しいところは「どれくらい切るか」と「どの方向に皮弁を入れ替えるか」にあります。大きく切れば、その分変化も大きいです。傷も大きくなります。蒙古ヒダの形状によってもデザインは変わります。お顔全体とのバランスが重要となります。

今回行った手術名
目頭切開(Z-plasty)
       通常価格 200,000円(税抜)
モニター価格 100,000円(税抜)

目頭切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、傷跡、縫合離解、左右差、瘢痕拘縮など

目の整形

関連記事

  1. 目頭切開

  2. 目頭切開

    目頭切開

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。