眉下切開

眉下切開のモニターさまです。

今回のモニターさまの「お悩みは上まぶたのたるみ」です。
二重まぶたの方ですが、上まぶたのたるみが加齢とともにでてきて奥二重のようになり、二重のラインがみえなくなっています。
今回のモニターさまの場合、埋没法もしくは切開法で二重幅を広げるか、上眼瞼切開で二重のラインよりたるんだ皮膚を取る方法、もしくは眉下切開で眉下より皮膚を切除してたるみを取り除く方法があります。
どの方法を選択するかで術後の仕上がりは変わってきます。

今回のモニターさまはご相談の結果、眉下切開を選択されました。
眉下切開は眉の下縁より切開して、たるんだ皮膚を取り除き、皮膚を上方に引き上げることで二重のラインがみえるようにしていきます。

術前

眉下切開術前

術前の状態です。たるみによって二重のラインがみえなくなっています。

デザイン

眉下切開のデザイン

切開するラインをマーキングします。切除ライン、切除幅は眉の形やたるみの度合いによってひとそれぞれ異なります。

局所麻酔

眉下切開の局所麻酔

デザインが決まったら、局所麻酔をしていきます。
痛みに弱い方の場合には静脈麻酔を併用することもできます。

皮切

眉下切開皮切

デザインに沿って皮膚を切開していきます。局所麻酔が効いているので痛みを感じることはありません。

皮膚切除

眉下切開皮膚切除

皮膚を切開したら、余剰皮膚を切除していきます。
皮膚を取り除いた後は内部処置を行い、しっかりと止血して縫合していきます。

縫合

眉下切開の縫合

縫合の際、皮膚のよれがないように3ポイントほど仮止めを行い、確認します。
傷跡がきれいに治るように皮下縫合を行い、最後は皮膚面を縫合して手術終了となります。

皮下の縫合を行う手術の場合には傷の治る経過の中で中糸が外にでてくる場合があります。出てきた糸は随時抜糸していきます。

手術直後

眉下切開手術直後

手術直後の状態ですが、二重のラインがみえるようになりました。術後、麻酔によるむくみがありますが、眉下切開は比較的腫れの少ない手術です。
手術終了時に内出血がでていなくても、術後時間の経過とともに内出血がでてくることがあります。内出血は通常の場合1週間ほどで目立たなくなります。

術後1週間抜糸直後

術後1週間

術後1週間目、抜糸直後の状態です。傷に少し赤みがあります。個人差はありますが、傷の赤みは1~3ヶ月ほど続きます。手術直後にはなかった内出血がでています。強くでてしまった場合には目立たなくなるのに2週間ほどの経過が必要となります。

術前と術後1ヶ月

眉下切開術前術後1ヶ月目

術後1ヶ月目の状態です。腫れも内出血も軽快しています。目立った引き攣れもなく、目尻の目元に被さっていた皮膚も引き上がりました。

眉毛がしっかりある方や、今回のモニターさまのようにアートメイクをされている方の場合には比較的傷跡が目立たなくてすみます。切開する手術では傷は必ずできます。時間がたっても消えることもありません。ただ目立たなくなっていきます。個人差にもよりますが、1~3ヶ月目までは赤みのある傷跡となります。3ヶ月目以降半年~1年の経過で白い線状の傷跡に落ち着きます。

当院ではアートメイクも行っていますので、眉毛が薄い方や眉尻に眉毛がない方の場合には眉下切開の前にアートメイクをすることもできます。
また眉下切開をした後、傷跡の上の眉毛が一部抜けてしまうことがあります。通常一時的なもので時間の経過で生えてくるのですが中には毛が生えてこない場合もあります。その場合にもアートメイクで目立たなくすることができます。

今回行った手術名
眉下切開
  通常価格 330,000円(税込)
モニター価格 110,000円(税込)

眉下切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、傷跡、よれ、引き攣れ、縫合離解、中糸の突出、感染など

眉下切開の詳細

関連記事

  1. 眉下切開+埋没法

    眉下切開+埋没法

  2. 眉下切開

    眉下切開

  3. 眉下切開+経結膜脱脂

    眉下切開+経結膜脱脂

  4. 眉下切開

    眉下切開

  5. 眉下切開+経結膜脱脂

    眉下切開+経結膜脱脂

  6. 眉下切開+下眼瞼切開

    眉下切開+下眼瞼切開

  1. 眉下切開

    2024.04.21

    眉下切開

  2. 経結膜脱脂

    2024.04.05

    経結膜脱脂

  3. 埋没法

    2024.03.30

    埋没法

  4. ヒアルロン酸注射

    2024.03.29

    法令線へのヒアルロン酸注射

  5. 法令線へのヒアルロン酸注射

    2024.03.02

    法令線へのヒアルロン酸注射