刺青除去

刺青を除去するにはいくつかの方法があります。大きさや形・部位によって治療方法が異なります。

選べる治療方法

レーザー治療
切除術
削皮術
植皮術

レーザー治療

刺青の色素に反応するレーザーを照射することにより、刺青を除去する方法です。

レーザー治療はこんなかたにおすすめです
皮膚にメスで傷をつけたくないかた
手軽な治療がよいかた
治療期間が長くかかってもよいかた
完全に消えなくてもいいから薄くしたいかた
濃い色(黒や紺など)の刺青のかた
自分で入れた刺青のかた

レーザーによる刺青除去

レーザー治療のメリットとデメリット

メリット
皮膚を切開することなく、刺青を薄くすることができます。
広範囲の刺青も、対応が可能です。
肌への侵襲や痛みが、他の除去方法に比べ、少ない傾向にあります。

デメリット
比較的痛みや侵襲が少ない方法ですが、レーザー照射の際に肌が焼けるような強い痛みを感じる場合があります。
施術後にむくみや腫れ、内出血および水ぶくれが生じる場合があります。
治癒した後も皮膚がケロイド状になったり、つっぱり感が残る場合があります。
色素が抜けても、刺青を入れる前の状態に戻ることはありません。
色によっては、照射を繰り返しても消えない場合があります。
少しずつ薄くするため、除去までに1年以上かかる場合があります。
照射を重ねるごとに効果が得られにくくなる傾向にあります。

レーザー治療
1㎠ 3,300円

切除術

切除術は刺青を含む皮膚を切開し縫合する方法ですが、刺青を1度の手術で除去する単純切除と数回に分けて除去する分割切除があります。

切除術はこんなかたにおすすめです
小さい刺青のかた
カラフルでレーザーに反応しにくい色の刺青のかた
少ない回数で切除したいかた

切除術のメリットとデメリット

メリット
小さめの刺青であれば、切除範囲も小さく、きれいに切除できます。
レーザー治療や削皮術では除去できない真皮層深くの色素も除去できます。
皮膚に余裕のある部位であれば、除去の傷跡も比較的に治ります。

デメリット
大きめの刺青を切除した場合、ひきつれる可能性があります。
傷跡がケロイドになる場合があります。

単純切除

切除術は比較的小さい刺青を除去するときに適しています。基本的には刺青を含む皮膚を紡錘状に切除し皮膚を引き寄せ、1本の線として縫合していきます。刺青の形状によっては刺青の形に切除し、切開線をうまく組み合わせて縫合することもあります。この場合、縫合線はジグザグもしくは枝分かれ状になります。ご希望の方法で切除することができます。

単純切除による刺青除去

分割切除

単純切除(1回で切除可能な刺青)で除去できない大きさの刺青に対しては2回、もしくは3回に分けて切除を行います。3~6か月の間隔をあけて手術を行います。最終的には1本の傷跡になります。

分割切除による刺青除去

切除術
最低価格 88,000円
通常価格 22,000円
最低価格 55,000円
通常価格 11,000円
通常価格   5,500円

削皮術

削皮術は刺青の入っている皮膚を削ることによって刺青を除去します。分割切除でないと除去できない刺青でも1度の手術で刺青を除去することができます。皮膚を削った後は1~3ヶ月かけて新しい皮膚が再生されてきます。植皮術と違い削った後に皮膚をのせないため、傷跡はやけど跡のような状態になります。そのため、刺青をきれいに除去したいかたにはおすすめできませんが、比較的大きな刺青を急いで除去したいかたに向いている方法です。

削皮術はこんなかたにおすすめです
広い面積の刺青を早く消したいかた
皮膚を切除したくないかた
レーザーに反応しない色の刺青があるかた
色素が浅めに入っている刺青のかた

削皮術による刺青除去

削皮術のメリットとデメリット

メリット
1度の手術で広範囲の刺青を除去できます。
皮膚を切除しないため、除去した部分がひきつれることがありません。
切らないため、肌に切開傷が残りません。

デメリット
真皮の深い層までは削れないため、深い部分の色素が残ります。
傷跡がケロイド状になって残る可能性があります。
治癒後も皮膚が盛り上がった状態のまま、改善しないことがあります。その場合は早めに担当医にご相談ください。
やけどをした後のような状態になります。
感染する可能性があります。

深い部分に残る色素は、切除術やレーザー治療を併用することで目立たなくすることができる場合があります。

削皮術
通常価格  5,500円

植皮術

植皮術は刺青の入っている部分の皮膚を削り、その上に別の部分から採取した皮膚をのせる方法です。大きめの刺青をできるだけきれいに除去したいかたにおすすめの方法です。

植皮術はこんなかたにおすすめです
広い範囲の刺青を早く消したいかた
皮膚を切除したくないかた
レーザーに反応しない色の刺青があるかた

植皮術による刺青除去

植皮術のメリットとデメリット

メリット
1度の手術で広範囲の刺青を除去できる。
皮膚を切除しないため、除去した部分がひきつれることがありません。
切らないため、肌に切開傷が残りません。

デメリット
刺青を削った部分に皮膚を移植するため、皮膚の採取が必要となります。
他部位から皮膚を移植するため、色調の不一致が生じます。

植皮術
お問い合わせください