医療脱毛
脱毛プラン

医療脱毛

浦和第一美容クリニックでは単発式(フォトRF)蓄熱式(ダイオードレーザー)の2種類の脱毛機を採用しています。
医師の指示のもと、患者さま一人ひとりの毛質や肌質に適した脱毛機を選んで施術を行っています。

医療脱毛器によるアプローチの違い

医療脱毛に使われる脱毛機には、大きく分けて単発式と蓄熱式の2種類があります。
単発式と蓄熱式では破壊する細胞や特徴が異なりますが、どちらも発毛を促す細胞にアプローチして毛が生えてこないようにすることを目的とします。

単発式
単発式の脱毛機は、高出力のエネルギーを一瞬で毛根の奥まで熱を届けて毛乳頭と毛母細胞を破壊します。強いエネルギーを単発で照射していくため、輪ゴムで弾かれたような痛みを伴います。

蓄熱式
蓄熱式の脱毛機は、毛乳頭や毛母細胞へ毛の生成を促すバルジ領域をレーザーの熱で破壊します。バルジ領域は皮膚表面の近くに位置しているため、産毛のようにメラニン色素が薄く毛根までレーザーが届きにくい毛にもアプローチすることができます。

蓄熱式レーザー脱毛機は、単発式よりも施術時の痛みを感じにくいとされています。蓄熱式は、瞬時に強いエネルギーを照射する単発式とは異なり、低い照射出力でバルジ領域にじんわりと熱を与え、細胞を破壊していきます。

毛周期について

毛は成長期から始まり、退行期、休止期を経て、再び成長期に戻るという毛周期を繰り返します。

成長期
毛母細胞が活発に分裂して毛が成長し、皮膚表面に毛が伸びている期間で、毛と毛乳頭はくっついています。

退行期
毛母細胞の分裂が停止し、毛が抜けるための準備を始める期間で、毛と毛乳頭は離れてしまいます。

休止期
次の毛が成長してくるまで活動を休止している期間で、自然に毛が抜け落ちます。

脱毛効果と毛周期の関係

脱毛効果と毛周期の関係
毛の黒い色素にあたると、光エネルギーが熱エネルギーに変わります。その熱が瞬時に毛穴の中を高温にし、毛の発生源である毛乳頭の機能が高温により失われると、その毛穴からは毛が生えなくなります。毛の黒い色を利用して熱を発生させて毛乳頭にダメージを与えるという特徴から、毛と毛乳頭がくっついている成長期の毛でないと効果がないとされています。毛と毛乳頭が離れてしまっている退行期や休止期の毛には照射をしても効果がありません。照射時に成長期ではなかった毛に対しては、成長期になってから再度照射をする必要があります。成長期でなかった毛が成長期となって生えてくるまでに2ヶ月程度かかるため、次の照射まで2ヶ月あける必要があります。
一般的な体毛のうち、成長期の割合は全体の20~30%程度ですので、医療脱毛といえども一度の照射で減らせる毛の量は、最大でも全体の20~30%程度ということになります。

ご満足いただくためには、一般的に6回程度の施術が必要ですので、当院では6回セットプランをおすすめしています。医療脱毛が6回終了した後もまだ毛が気になる場合は、セット終了後価格を用意しています。

蓄熱式(ダイオードレーザー)のターゲットは?

毛の生成や栄養を与えるバルジ領域という部分があります。このバルジ領域を破壊することで結果的に脱毛につながります。単発式では、毛根を破壊すれば脱毛になるという考え方から、毛乳頭までダメージを与えるため、出力を強めていました。しかし蓄熱式は弱い照射でもバルジ領域をターゲットにし、破壊することで脱毛効果を起こさせます。
脱毛のターゲット

蓄熱式(ダイオードレーザー)のメリット

蓄熱式は単発式と比べ1/3ほどの時間で施術ができます。また、1回1回のレーザーの照射エネルギーが弱い蓄熱式は、単発式と比べ格段に痛みが少なくなります。

蓄熱式脱毛の場合、ほぼ無痛です。
単発式脱毛の場合、やや痛みがあります。痛みに弱い方は麻酔クリームをご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

蓄熱式と単発式の違い

蓄熱式は痛みが少なくても、効果は単発式と同等です。また蓄熱式は脱毛部位を全体的に熱をこめていきますので、単発式よりも施術時間が短く、広範囲の脱毛に向いています。
一方単発式の脱毛は、細かい範囲の脱毛に適しています。

ヒゲ脱毛には単発式をおすすめしておりますが、痛みを感じる可能性があります。

単発式(フォトRF)脱毛とは

従来の脱毛は、光が表皮のメラニンに強く吸収されて、深部で拡散していくため、真皮層、皮下組織にまでおよぶ毛包全体に、十分にエネルギーが届かないことがありました。さらに色黒の皮膚では火傷のリスクがあるため、照射出力が上げられない、または色の薄い毛や軟毛はメラニン量が少ないため光エネルギーが吸収されにくいというように、そのような症例では十分な治療効果が得られないと言えます。フォトRFの高周波(RF)エネルギーは光とは異なる選択性を持ち、メラニン量に関わりなく、3~4mmの深さに到達し、毛の周囲組織をダメージさせます。従来のレーザー脱毛より痛みが少なく、脱毛後の赤みが少ないのが特徴です。さらにレーザーでは脱毛できなかった色の薄いうぶ毛や白髪にも効果を期待できます。今まで強い痛みを伴っていた色黒の肌へも安心して照射できます。

脱毛治療の流れ

ジェルを塗布後テスト照射を行います。テスト照射後、出力設定を行い治療部位全体を照射していきます。
照射後、反応が強い場合にはアイシングおよびステロイド軟膏を塗布いたします。

脱毛部位

脱毛部位

脱毛をお受けいただくかたへの注意点

毛を抜いて処理していたかたはカミソリやシェーバーの処理に変えていただき、1ヶ月程度経過してから受診してください。
治療前日もしくは当日に脱毛したい部位の剃毛を行ってからご来院ください。
帰宅後も赤みや熱感がある場合は自宅でも冷却してください。
当日はシャワー程度にしていただき、入浴やサウナはお控えください。
照射間隔は毛周期にあわせ、お顔の場合は1ヶ月程度、その他お身体の場合には2ヶ月程度あけてから次の照射を行います。
毛が生え始めたら、毛を抜いたりはせず、次の照射までは剃毛処置を行ってください。
照射後は保湿と紫外線対策を行い、日焼けはしないようにしてください。
毛が生えそろってから照射するほうがより効果的です。
毛が減ってくるとともに、照射間隔が延びることがございます。
毛が減少するためには5~8回程度の照射が必要です。男性のヒゲの場合は回数を重ねる必要があります。

蓄熱式(ダイオードレーザー)
1回 59,000円 6回 298,000円
1回 64,000円 6回 348,000円
1回 69,000円 6回 398,000円
1回 19,800円 6回 98,000円
1回 19,800円 6回 98,000円
1回 39,000円 6回 158,000円
単発式(フォトRF)
1回 8,000円 6回 32,000円
1回 8,000円 6回 32,000円
1回 8,000円 6回 32,000円
1回 8,000円 6回 32,000円
1回 5,000円 6回 19,800円
1回 5,000円 6回 20,000円
1回 5,000円 6回 20,000円
1回 5,000円 6回 20,000円