鼻の整形

隆鼻術

隆鼻術は鼻を高くして鼻筋を通す方法で、大きく分けて2つの方法があります。

ヒアルロン酸による隆鼻術

ヒアルロン酸による隆鼻術はヒアルロン酸を注入するだけなので、最もお手軽な方法です。注入直後から効果を実感することができ、ダウンタイムもほぼありません。主に鼻根部から鼻背部に注入していきます。ヒアルロン酸は最終的には吸収されてしまうので、繰り返しの注入が必要となります。プロテーゼ挿入などの手術には抵抗がある、ダウンタイムがとれないといったかたにおすすめです。

プロテーゼによる隆鼻術

プロテーゼによる隆鼻術は鼻の穴の内側から切開し、プロテーゼをを挿入する方法です。そのため、傷跡は外からは見えません。挿入するプロテーゼは患者さまごとに、ご希望の鼻の仕上がりになるように鼻骨の形状に合わせてプロテーゼを作成していきます。術後はある程度の腫れと内出血を伴うので、予防のために数日間のテーピングが必要となります。

鼻を高くする
0.1cc 6,000円
通常価格 300,000円

鼻尖縮小術

鼻尖縮小術は鼻尖の形が丸いだんご鼻を改善する手術で、鼻尖を細くシャープな形に整えます。鼻尖の形は左右に広がった鼻翼軟骨の形が大きく影響しています。手術では鼻尖の余分な結合組織を除去して、左右に開いた鼻翼軟骨を中央に引き寄せて縫合します。鼻尖を小さくするために鼻翼軟骨の一部切除します。

鼻先を細くする
通常価格 300,000円

鼻尖部耳介軟膏移植

耳介軟骨移植術は耳から耳介軟骨を取り、鼻尖部の必要な部分へ移植する方法です。鼻先が丸く少し尖らせたいかたや上向きの鼻を少し下に下げたいなど、鼻先の向きを変えたい人におすすめの施術です。鼻先の向きは移植する耳介軟骨の固定する位置を調整することで自由にかえることができます。

鼻先を高くする
通常価格 400,000円

鼻翼縮小術

鼻翼縮小術は大きく横に広がっている鼻翼の一部を切除し小さくする手術です。傷が目立たない部分を数ミリ程度切除し、お鼻全体のバランスを整えます。切除部位は外側か内側、またはその両方を切除する方法がありますが、どのように切除するかは鼻翼の状態や形、ご希望によって決まります。
外側法は鼻翼の外側の溝に沿って余分な皮膚と組織を切除して縫合する方法です。鼻翼の丸みが取れ面積も小さくなるため、鼻翼が大きく鼻翼の付け根より外に張り出しているかたにおすすめです。傷跡は鼻翼の外側の溝部分と一致してほとんど分からなくなります。
内側法は鼻の穴の中の余分な皮膚と組織を切除して、鼻の横幅を狭くする方法です。傷跡は鼻の穴の内側部分なので外側からは目立ちません。鼻翼の付け根より外に張り出していないというかたにおすすめです。

鼻の横幅を狭くする
通常価格 200,000円
通常価格 300,000円
通常価格 400,000円

鼻中隔延長術

鼻中隔とは鼻を左右に仕切っている軟骨で、鼻先の向きや長さを決定します。鼻中隔が短いと鼻の長さが短くなり、鼻先は上向きになります。それを修正するのが鼻中隔延長術です。鼻中隔を長くすることで鼻の長さを伸ばし、鼻先を下向きに修正していきます。左右鼻の穴の間の鼻柱部分を切開するオープン法で行います。オープン法は術野を広く展開できるため、確実に手術操作が行えます。鼻柱部分の傷は正面からは見えにくく、目立ちにくい部位になります。鼻中隔延長術は鼻先の高さや向きなど、ご希望される鼻の形状に自由に変化させることができます。

ぶた鼻・アップノーズを改善
通常価格 700,000円

わし鼻・ハンプ切除術

鼻背部の中央がこぶのように膨らんで突き出ている部分をハンプといいます。そのハンプを切除することによりストレートな鼻筋を作ることができます。鼻の穴の内側を切開し、鼻筋の骨と軟骨の張り出した部分を切除して形を整えます。

わし鼻・ハンプを削り、段鼻を改善
通常価格 400,000円

リスクおよび合併症
どの手術も術後、腫れおよび内出血する可能性があります。感染する可能性があります。切開手術では傷跡が残ります。左右差がでる可能性があります。