脂肪注入

脂肪注入(ナノファットグラフト)

脂肪注入とは、ご自身の腹部や大腿部から吸引した脂肪から不純物(麻酔液、血液、死活細胞や老化細胞など)を取り除き、生着率の良い脂肪細胞のみを気になる部分に注入(脂肪移植)していきます。ご自身の組織を利用するため、異物感やアレルギーの心配がありません。平坦な額やくぼんだこめかみ、こけた頬、落ちくぼんだ上まぶた、加齢により目立ってきたゴルゴライン、法令線、マリオネットラインなどに脂肪を注入することによって、ハリやボリュームをアップさせ、若々しい印象に仕上げていきます。

脂肪注入はこんなかたにおすすめです
平坦な額をふっくらさせたい
こめかみがくぼんでいる
頬がこけている
目の下のくぼみが気になる
ゴルゴラインや法令線が目立ってきた
顔の輪郭が非対称である
ヒアルロン酸などの異物を入れたくない

脂肪注入の流れ

問診・カウンセリング
カウンセリングにてご状態を拝見させていただき、ご希望や悩みなどをお聞きいたします。ご希望の仕上がりにするにはどの手術が適しているのか、手術に関するメリット・デメリットについてなど詳しくご説明させていただきます。術前のカウンセリングがとても重要となりますので、わからないことや気になる点などがございましたら、ご納得がいくまでご質問ください。


デザイン
起きた状態でご希望の注入部位をデザインしていきます。

主な脂肪注入部位

脂肪注入部位


脂肪吸引
ご希望の部位から注入に必要な分の脂肪を丁寧に吸引していきます。主な吸引部位は脂肪が豊富についている下腹部や大腿部からとなります。


注入脂肪の作成
脂肪注入における問題点として「しこりができてしまうリスク」と「どれくらい定着するか」という点が挙げられます。そのためにはどのような脂肪を注入するかがとても重要となります。従来の脂肪注入は茶こしなどで麻酔液や血液を廃液し、脂肪を注入していました。この方法で豊胸など大量の脂肪を注入した結果、多くの脂肪が吸収されてしまったり、吸収しきれなかった脂肪がしこりとして残ってしまうという報告が多くあげられました。当院でもできる限りのリスクを取り除き、定着率をあげるため、良質な脂肪を作製する処置を行なっています。

PRP同時注入
より定着率をあげるためにPRPを同時注入いたします。PRPとは多血小板血漿のことで、ご自身の血液から血小板成分を抽出していきます。PRPは再生医療にも利用されていますが、創傷治癒作用があり様々な因子を放出します。脂肪と同時に注入することによって注入した脂肪に血流を行き渡らせることで、定着率の増加を図ります。

濃縮脂肪の作成
採取した脂肪を遠心分離することで死活細胞や老化細胞などの不純物を取り除くことができ、さらに純度の高い濃縮した脂肪ができあがります。定着率の上昇としこり形成のリスクの回避を図ります。

ナノファットグラフトの作成
ナノファットとは吸引した脂肪を細かく分離し不純物を除去した脂肪のことで、脂肪の大きさによりMacrofat、Millifat、Microfat、Nanofatに分類されます。吸引した脂肪を3種類の特殊なコネクターに順番に通すことにより、細分化していきます。細かくした脂肪を最後に特殊なフィルターに通すことによって、線維組織などの不純物が取り除かれ、純度の高い滑らかなナノファットグラフトができあがります。


脂肪注入
ご希望の部位に注入していきます。きれいな輪郭を形成するには注入する脂肪の処置が重要であるとともに注入手技も大事となります。吸引した脂肪を細かく細分化しても1ヶ所に多くの脂肪を注入してしまうとしこりになってしまう可能性が高まります。注入する際には多方向・多層性に少しずつ脂肪を注入し再配置していきます。細分化したナノファットグラフトを少量ずつ多方向・多層性に注入することで、しこり形成のリスクが減り、定着率も上がるとともに、滑らかで自然な仕上がりとなります。

脂肪採取作成費
通常価格 200,000円
別途 100,000円
別途 100,000円
脂肪注入代
通常価格 200,000円
通常価格 100,000円
通常価格 200,000円
通常価格 100,000円
通常価格 100,000円
通常価格 100,000円
通常価格 50,000円
通常価格 200,000円

脂肪注入のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、しこり、石灰化、脂肪融解、感染など