額・こめかみへの脂肪注入

額コメカミへの脂肪注入

脂肪注入(額・こめかみ)のモニターさまの手術がありました。

今回のモニターさまは額をふっくらさせたいとのことで脂肪注入をしました。以前額へのヒアルロン酸注入の既往があります。
額をふっくらさせるにはいくつかの方法があります。ヒアルロン酸、アパタイト、脂肪など。それぞれにメリット・デメリットがあります。額を全体的にふっくらさせるにはある程度の注入量が必要になります。ヒアルロン酸の場合には注入するだけなのでとてもお手軽に施術できますが、最終的に吸収されてしまいます。脂肪注入の場合には注入する脂肪を吸引しなくてはいけませんが、ヒアルロン酸と違い、定着してくれるメリットがあります。ご自分の組織のため、アレルギーの心配もなく、とても自然な仕上がりになります。
注入した脂肪はある程度吸収されてしまうので、より定着率を高めるために当院では標準でPRPを脂肪に混ぜて注入しています。

術前と術後3日目
脂肪注入前脂肪注入後3日目

術後3日目の状態です。額およびこめかみがふっくら、丸みを帯びました。今回のモニターさまはほとんど内出血がでませんでしたが、ひとによってはひどく内出血する可能性があります。通常1週間程度で落ち着きます。内出血した場合でも翌日からお化粧ができますので、コンシーラーなどで目立たなくすることができます。

術前と術後3日目(斜め)
脂肪注入前(斜め)脂肪注入後3日目(斜め)

斜めから見てもふっくらしたのがわかります。額のボリュームが増すと額の横ジワも目立たなくなります。額をふっくらさせたいかた、こめかみがくぼんでいるかたには脂肪注入がおすすめです。

今回行った手術名
額・こめかみへのPRP脂肪注入
通常価格 500,000円(税抜)

今回は額・こめかみに脂肪注入しましたが、その他、目の下、ゴルゴラインや法令線、マリオネットライン、頬の窪みなどにも脂肪を注入することができます。

注入した脂肪はある程度吸収されてしまうため、吸収される量を見越して多めに注入していきます。注入した脂肪は一旦硬くなることがありますが、時間とともに柔らかくなっていきます。

脂肪注入のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、凹凸、しこり、左右差、感染、

脂肪注入の詳細

関連記事

  1. 経結膜脱脂

    経結膜脱脂+目の下の脂肪注入