脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸術のモニターさまの手術がありました。

今回のモニターさまは元々のバストサイズは大きい方なのですが、以前よりもボリュームが減ってしまったのと全体的に下垂してきたのを気にされ、ご相談にこられました。過去に1度他院で脂肪注入の既往があります。今回は浦和第一美容クリニックを選んでいただき、ありがとうございます。

バストアップする方法にはヒアルロン酸注入による豊胸術、脂肪注入による豊胸術、シリコンバッグによる豊胸術があります。それぞれにメリット・デメリットがあります。

①ヒアルロン酸注入による豊胸術
ヒアルロン酸注入は注射器でヒアルロン酸を注入していくだけなので、お手軽に手術をお受けいただけます。注射器で注入するだけなので傷跡もできません。腫れや内出血などのダウンタイムも比較的少なく術後の痛みも少ないため、まとまったお休みも必要ありません。ただヒアルロン酸は最終的に吸収されてしまいます。

②脂肪注入による豊胸術
脂肪注入のメリットはヒアルロン酸と違い、すべてが吸収されるわけではなく、ある程度定着してくれることにあります。また触り心地もヒアルロン酸やシリコンバッグと比べ、とても自然です。脂肪注入ではヒアルロン酸やシリコンバッグのような異物ではなく、ご自身の細胞を利用するため、アレルギーの心配もありません。脂肪注入ではしこりができてしまう可能性や石灰化してしまうリスクがあります。痩せている方は脂肪注入に必要な量の脂肪が採取でず、脂肪注入による豊胸術の適応とならない場合があります。

③シリコンバッグによる豊胸術
確実に2カップ以上のバストアップをご希望の方の場合にはシリコンバッグの適応となります。シリコンバッグは脇の下、腋窩より挿入していきます。脇のしわに沿って切開するため、時間の経過とともに目立たなくなっていきますが、切開による傷跡ができてしまいます。またバッグが硬くなってしまう被膜拘縮が起きる可能性があります。術後のダウンタイム(腫れや内出血など)があり、ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸術と比べ痛みも強く、ある程度のお休みが必要となります。

今回のモニターさまはご相談の結果、脂肪注入による豊胸術をすることにしました。

注入する脂肪は大腿部内側を中心に脂肪吸引しました。脂肪吸引部位は術後1週間は24時間の圧迫、1週間目以降1ヶ月目までは12時間の圧迫が必要となります。しっかり圧迫することで仕上がりもきれいになります。

術前と術後1週間
脂肪注入による豊胸術

術後1週間目のご状態ですが、内出血はあまりでていませんでした。全体的にボリュームアップしています。まだ1週間目なので、触ると硬さがあります。注入した脂肪はある程度吸収されてしまうので、今の状態よりもバストの大きさが小さくなってしまう可能性があります。定着率をあげるため、今回はPRP(多血小板血漿)を同時に注入しています。

術前と術後1週間(ななめ)
脂肪注入による豊胸術(ななめ)

ななめから見るとバストアップしたのがよくわかります。全体的にボリュームがアップし、ハリがでて、垂れた感じが改善しています。

今回行った手術名
PRP脂肪注入による豊胸術
通常価格 600,000円(税抜)

お写真の提供にご協力いただける方はモニター価格で手術をお受けいただけます。
脂肪注入による豊胸術
モニター価格 200,000円(税抜)

脂肪注入のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、しこり、石灰化、脂肪融解、感染、左右差

脂肪注入による豊胸術の詳細

豊胸モニター募集

関連記事

  1. 豊胸(脂肪注入)

    ふっくら、自然にバストアップ

  2. 脂肪注入による豊胸術

    豊胸(脂肪注入)

  3. PRP脂肪注入による豊胸術