乳頭縮小術+脂肪注入による豊胸術

乳頭縮小術

乳頭縮小術のモニターさまの手術がありました。

今回のモニターさまは「授乳後、長く伸びてしまった乳頭が気になる」のと「バストのハリを取り戻したい」とのことでご相談にこられました。とても細身のかたでしたが、自然なかたちでのバストのサイズアップをご希望されたので、脂肪注入による豊胸術を行ないました。

術前(右乳頭と左乳頭)
右乳頭左乳頭

術前の状態です。左右ともに乳頭が長く伸びています。右25㎜、左17㎜。乳頭の平均の長さは9㎜程と言われています。今回は左右ともに乳頭の長さが9㎜なるように切除幅を決めました。

局所麻酔をした後、デザイン上を切開し、バウムクーヘンの外側を剥がすように皮膚を切除していきます。切除後、止血をしてから、辺縁の両端を丁寧に縫合していきます。

切除した乳頭皮膚
切除した乳頭皮膚

切除した余剰皮膚。左右長さが違うため、切除幅も異なります。

術前と術後(右)
右乳頭術前右乳頭縮小術後

術前と術後(左)
左乳頭術前左乳頭縮小術後

手術直後の状態です。乳頭の長さが術前と比べ、短くなりました。乳頭の長さ・大きさはご希望のサイズにすることができます。乳頭縮小術の場合、腫れは軽度です。内出血も比較的少ないですが、2~3日は傷口よりじわじわ血が滲んできます。個人差にもよりますが、麻酔が切れた後より徐々に痛みがでてきます。痛み止めをお渡しするのでお飲みください。乳頭縮小術では切開部位を縫合しますので、抜糸が必要となります。抜糸は1週間から10日前後で行ないます。

術前と術後(起きた状態)
術前術後

術後の起きた状態です。乳頭の垂れ下がりがなくなりました。脂肪注入もしているため、バストサイズも大きくなっています。

今回行った手術名
乳頭縮小術(長さ)
       通常価格 200,000円(税抜)
モニター価格 100,000円(税抜)

乳頭縮小術のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、傷跡、しびれ、一過性の知覚鈍麻、乳頭壊死、左右差、感染、縫合不全など

乳頭縮小術の詳細

関連記事

  1. 脂肪注入による豊胸術

  2. 脂肪注入による豊胸術

    豊胸術(脂肪注入)

  3. 右乳頭術前術後

    授乳後に伸びてしまった乳頭

  4. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  5. 豊胸(脂肪注入)

    ふっくら、自然にバストアップ

  6. 脂肪注入による豊胸術

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。