リップアートメイク

リップアートメイク

リップのアートメイクのモニターさまです。

今回のモニターさまは「口唇の血色がわるく、お化粧を楽にしたい」とのことで、ご相談にこられました。
リップのアートメイクは日常生活での色落ちの心配がなく、食事中などの化粧崩れの心配が気になりません。唇の輪郭をはっきりさせることができ、口元を魅力的にみせる効果が期待できます。輪郭の取り方によっては口角の上がったほほ笑みのある口元を演出することも可能です。
注入色は数種類の色素を混合させて作っていきますので、ご希望の色を着色させることができます。

リップアートメイクはこんなかたにおすすめです
明るい印象を与えたいかた
左右非対称な口唇のかた
口唇を大きく見せたいかた
口唇の血色がわるいかた

当クリニックでは、アートメイク専任の施術者がカウンセリグからデザイン、施術まで一貫して行ないます。

それではさっそくですが、施術の流れを・・・
まずは麻酔です。
リップのアートメイクはアートメイクの中でも痛みの強い施術です。当院では塗るタイプの麻酔を30~60分行ないます。

麻酔

麻酔は口唇にのみ行ないますので、麻酔時の待ち時間はご自由にお過ごしいただけます。
痛みが苦手な方は直接麻酔液を注射する局所麻酔もできますので、カウンセリング時にご相談ください。

次に色素選びです。
当院では天然成分由来の鉄分などを含まない色素を採用しています。注入色はご希望の仕上がりの色味をお聞きした上でその都度造色していきます。実際に色を作っているのが下記のお写真です。
今回はピンクとオレンジを合わせ、ややオレンジが強めの色を提案させていただき着色することとなりました。

リップの色素

次にデザインを決めていきます。
今回のモニターさまは「ぼやけている輪郭をはっきりさせ、少し口角をあげたい」とのご希望がありました。

下のお写真は施術前のお写真です。

リップアートメイク施術前

実際に色素を注入していきます。
輪郭をはっきりさせ、口角が上がったように。唇をふっくらさせるため、中心部は明るめの色を着色しています。

リップアートメイク施術後

~リップアートメイクのメリット~
・化粧直しをしなくても口紅がついた状態を保てる
・お顔全体のバランスを整えることができる
・お顔の印象を明るくすることができる
・唇のバランスを整えることができる

~リップアートメイクのデメリット~
・他の部位に比べて腫れや痛みがでやすい
・色素が定着しにくい
・施術時の痛みを感じやすい
・色素の除去が困難

今回行った施術名
リップアートメイク
 通常価格 120,000円(税抜)
※3回セット価格となります。

リップアートメイクのリスクと合併症
腫れ、むくみ、痛み、掻痒感、しびれ、痂疲形成、色むら、アレルギー、ヘルペスなど

医療アートメイクの詳細

関連記事

  1. メディカルアートメイク

    4Dグラデーション

  2. 3Dアートメイク

    眉アートメイクモニター

  3. アートメイク

    3D眉アートメイク

  4. アートメイク修正

    眉アートメイク修正モニター

  5. アートメイク

    眉アートメイク(4Dシャドー)+上下アイラインアートメイク

  1. 眉下切開

    2021.08.02

    眉下切開で目尻側の皮膚のたるみを解消

  2. 脂肪注入による豊胸術

    2021.07.30

    脂肪注入による豊胸術

  3. 脂肪吸引でくびれ形成

    2021.07.25

    脂肪吸引でくびれ形成

  4. 下眼瞼切開

    2021.07.17

    下眼瞼切開

  5. 埋没法

    2021.07.14

    埋没法

  1. 3D眉アートメイク

    EMBO技法による3D眉アートメイク

  2. 法令線へのヒアルロン酸注入

  3. 小陰唇縮小術

    小陰唇縮小術

  4. シリコンバッグ抜去

    豊胸バッグ抜去

  5. 耳介軟骨移植

    耳介軟骨移植