上眼瞼切開(目の上たるみ取り)とは

上眼瞼切開とは、二重のラインから切開し上まぶたのたるみを改善する手術です。傷跡は最終的に二重のラインになるため目立たなくなります。

上眼瞼切除術はこんなかたにおすすめです
まぶたのたるみが気になる
昔より二重の幅が狭くなった
たるみを取るとともにきれいな二重にしたい
目の開きもよくしたい

上眼瞼切開の流れ

問診・カウンセリング
カウンセリングにてご希望やお悩みをお聞きします。ご希望を叶えるにはどの手術が適しているのか、お悩みを解決するにはどうしたらいいのかなどアドバイスさせていただきます。カウンセリングがとても重要となりますのでお気軽になんでもご相談ください。

デザイン
ご希望の仕上がりになるようにデザインしていきます。

皮膚切除の下縁ラインに関して
通常の場合は元々の二重のラインでデザインしていきます。二重幅を狭くしたいかたやたるみが強いかたは元々の二重ラインより1~2mm下側にデザインします。
皮膚切除の上縁ラインに関して
たるみの度合いに応じて、ご希望の仕上がりになるように切除幅を計測して上縁ラインを決定していきます。まぶたの皮膚の厚みは眉に近づくほど厚みが増していきます。そのため、あまり眉よりで上縁を切開してしまうと二重の折れ返りが厚みが増してしまいます。たるみが強い場合には眉下切開を併用したほうが自然な仕上がりになることがあります。


消毒
目元全体を消毒していきます。

局所麻酔
点眼麻酔後、上まぶた全体に局所麻酔薬を注入していきます。

皮膚切開
十分に麻酔が効いてから、メスにて皮膚を切開していきます。

皮膚および眼輪筋の切除
皮膚および眼輪筋を切除します。

眼輪筋に関して
眼輪筋の切除量はまぶたの状態によって調整していきます。まぶたの厚みがあるかたは皮膚切除範囲の眼輪筋を切除しますが、目の上がくぼんでいるかたはボリュームを保つ目的で眼輪筋を切除せず温存していきます。


眼窩脂肪切除

眼窩脂肪に関して
まぶたが厚ぼったいかたの場合はご希望に応じて眼窩脂肪を切除いたします。
目の上のくぼみが強いかたは同時に脂肪注入することでくぼみを改善することができます。


重瞼ラインの作成
元々一重のかたや二重のラインをしっかりだしたいかたには重瞼ラインの作成をおこないます。

縫合
しっかりと止血した後、丁寧に縫合していきます。

※目の開きをよくしたい場合には同時に眼瞼下垂修正術をおこなうことができます。

上眼瞼切開の方法


よくある質問

Q.手術時間はどれくらいですか。
A.おおよそ60~90分くらいかかります。

Q.腫れや内出血はでますか。
A.主な腫れは2~3日、抜糸の後、腫れは徐々に引いていきます。しっかりと止血を行っていきますが、内出血はでる可能性があります。通常、1週間程度で落ち着きます。術後は腫れおよび内出血の予防のため、テープ固定をおこないます。術後はご自宅にて患部を冷やすことで腫れと内出血を軽減することができます。

Q.痛みはありますか。
A.十分に局所麻酔をするため、手術中は痛みを感じません。術後は麻酔が切れてくると徐々に痛みがでてきます。お渡しする痛み止めのお薬をお飲みください。

Q.傷跡は目立ちますか。
A.初め個人差にもよりますが、傷跡が少し赤みを帯びます。抜糸の後はお化粧ができますので、お化粧でカバーすることができます。最終的には傷跡は二重のラインになるので目立たなくなります。

Q.日常生活は普段通り行えますか。
A.水洗いでの洗顔は翌日よりおこなえます。翌日より湯船での入浴は可能ですが、腫れおよび内出血が強くでるおそれがあるため、長時間の入浴はお控えください。傷口を避けていただければ、お化粧は可能です。プールやサウナ、激しい運動は1週間はお控えください。

上眼瞼切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、傷跡、縫合不全、瘢痕、色素沈着、左右差など

上眼瞼切開
モニター価格 150,000円 通常価格 300,000円
通常価格 400,000円