脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸術

脂肪豊胸のモニターさまです。

今回のモニターさまは「下垂したバストを治したい」とのことで、ご相談にこられました。

下垂したバストの場合、下垂の度合いによって施術方法が異なります。
軽度下垂であれば、乳輪まわりの皮膚をドーナツ状に切除し乳頭に向けて引き寄せる乳房吊り上げ術を行います。切除した皮膚の分だけ乳房は引き上がり、乳頭の位置も上に移動します。
乳房吊り上げ術

下垂が強い場合には乳房縮小術に準じた方法で伸びた皮膚を切除して乳頭の位置を上方に移動していきます。この場合は乳頭の位置をご希望の位置まで移動することができます。
乳房縮小術

乳房吊り上げ術、乳房切除術に準じた方法、どちらも切開が必要となりますので、傷跡が残ります。下垂したバストは引き上がりますが、傷跡が残るといったデメリットがあります。

傷跡を残さない方法としてはシリコンバッグの挿入、脂肪注入による豊胸術、ヒアルロン酸注入があります。
下垂したバストは同時にボリュームも減っていることが多いです。その場合には豊胸することで軽度の下垂であれば改善が期待できます。ただ重度の下垂の場合には改善は難しくなります。

今回のモニターさまはご相談の結果、脂肪注入による豊胸術を選択されました。

術前
脂肪豊胸術前

今回のモニターさまはまだ若い方ですが、下垂度は強めです。バストのボリュームも減っています。

デザイン
脂肪豊胸デザイン

術前のデザイン。バストアップの場合は乳房の内側、デコルテ部分に多く脂肪を注入していきますが、下垂した乳房の場合には外側の部分を中心に注入してバストの位置を高めていきます。

術前
脂肪豊胸術前

術後
脂肪豊胸術後

術前よりも引き上がって見えます。乳頭の位置も上がりました。
脂肪注入の場合には注入部位を調整することでバストの形を整えることができます。ただ皮膚を取り除いてはいないため、下垂そのものは改善しません。

今回行なった手術名
脂肪注入による豊胸術
  通常価格 440,000円(税込)
モニター価格 220,000円(税込)

脂肪注入のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、しこり、脂肪融解、感染など

脂肪注入による豊胸術の詳細

関連記事

  1. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  2. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  3. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  4. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  5. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  6. 脂肪注入による豊胸術

    脂肪注入による豊胸術

  1. 脂肪豊胸

    2024.07.20

    脂肪注入による豊胸術

  2. 脂肪注入による豊胸術

    2024.07.16

    脂肪注入による豊胸術

  3. 整鼻術

    2024.06.30

    鼻尖縮小術+鼻尖部耳介軟骨移植

  4. 鼻尖形成

    2024.06.28

    鼻尖形成(他院修正)

  5. 豊胸インプラント抜去

    2024.06.23

    豊胸バッグ抜去