眉下切開

眉下切開

眉下切開のモニターさまです。

眉下切開とは、眉の下から切開して余分な皮膚を切除することによってたるみを改善する手術です。
まぶたのたるみを改善する方法には眉の下からたるみを取る眉下切開と、二重のラインからたるみを取る上眼瞼切開があります。上眼瞼切開の場合はもともとの二重のラインから切開するか、新たな二重ラインから切開するか選ぶことができますが、最終的な仕上がりはどちらも二重まぶたになります。元来、一重まぶたのかたで二重にしたくない場合には眉下から皮膚を切除する眉下切開が適応となります。今回のモニターさまは二重まぶたにはしたくないとのことで、眉下から切開して、たるみを改善することにしました。

眉下切開はこんなかたにおすすめです
一重だけどまぶたのたるみを改善したい
ふたえの形は変えずにたるみだけをとりたい
比較的ダウンタイムが少ない手術がよい

術前
術前

術前の状態です。もともと一重まぶたのかたです。まぶたのたるみが強くなってきており、視野を確保するため、眉毛をあげて目を見開いています。特に目尻側で眉毛と目の間の距離が長く、目元にまぶたの皮膚が覆いかぶさっています。眉をあげて目をあけるようになると額のしわもよるようになってきます。

手術直後
直後

手術直後の状態です。たるみを取った分、眉毛が下に下がってきました。眉毛を使って目を見開かなくても目が開くため、額のしわも薄くなっています。眉と目の間の距離も短くなり、目元に被さっていた皮膚も少なくなりました。さらに皮膚を切除すれば目元に被さっている皮膚はもっとなくなります。

最大限に皮膚を切除した場合、個人差はありますが、術後しばらくは傷の両側でよれ、引き攣れが生じます。今回のモニターさまは控え目の切除をご希望されたので、術後の皮膚のよれは目立ちません。

眉下切開は二重のラインから切開する上眼瞼切開と比べ、腫れは比較的軽度です。内出血はでる可能性があります。

術後1週間
術後1週間

術後1週間、抜糸直後の状態です。今回のモニターさまは内出血が強くでてしまいました。手術中、丁寧に止血しながら手術を行ないますが、普段より内出血しやすい方や血圧が高い方などは内出血が強くでてしまうことがあります。強くでてしまった場合には内出血がひくのに2週間ほどの時間が必要です。手術翌日より傷跡を避けていただければ、お化粧は可能です。抜糸後よりは傷跡を含め目元全体のお化粧をしていただけます。

術前と術後1ヶ月
術前術後1ヶ月

術後1ヶ月目の状態です。術後1週間目に強くでていた内出血は引いています。まだ少しむくみはありますが、目元の皮膚のかぶさりは少し軽快しています。眼が開けやすくなったとのことです。切除幅をさらに大きくするともっと皮膚のかぶりは減りますが、取り過ぎると目が閉じづらくなったり、皮膚のよれが生じる可能性があります。

眉下切開の傷跡
眉下切開の傷跡

術後1ヶ月目の傷の状態です。通常1ヶ月目だともう少し傷跡に赤みが生じますが、今回のモニターさまは比較的早く落ち着いています。

眉下切開では眉の下側を切開しますので眉の下側に傷跡ができます。眉毛がしっかり生えているかたの場合には傷跡はあまり目立ちませんが、薄いかたやまばらなかたの場合には傷跡が目立つ可能性があります。抜糸後はお化粧ができますので、傷跡はメイクで隠すことができます。眉毛が少なくまばらで傷跡が目立つかたの場合には術後にアートメイクをすることで傷跡を目立ちにくくすることもできます。

今回行った手術名
眉下切開
       通常価格 300,000円(税抜)
モニター価格 100,000円(税抜)

眉下切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、傷跡、よれ、引き攣れ、縫合離解、感染など

眉下切開の詳細

関連記事

  1. 眉下切開+下眼瞼切開

    眉下切開+下眼瞼切開

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。