眉下切開+下眼瞼切開

眉下切開+下眼瞼切開

眉下切開および下眼瞼切開のモニターさまです。

目元の若返り、加齢とともに目の上も目の下もたるみがでてきます。たるみを改善するには切開してたるんだ皮膚を切除しなければなりません。

目の上のたるみを除去する場合には眉の下より切開してたるみを取る方法と二重のラインより切開してたるみを取る方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあります。またどちらの方法を選択するかによって仕上がりも変わってきます。

目の下のたるみを取る場合には目の下のまつ毛の生え際より切開してたるみを取り除きます。

術前
術前

術前の状態です。目の上も目の下もともにたるみがあります。目の下は以前他院にて切開手術の既往があります。眼窩脂肪のふくらみはあまりありませんが、たるみが目立ちます。
上まぶたは眉下より目の下は再度下まつ毛の生え際より切開してたるみを除去しました。

術前と術後1週間
術前術後

術後1週間目、抜糸直後の状態です。二重のラインが見えるようになりました。目の下もたるみが軽減しています。術後1週間目の状態ですが、腫れは比較的落ち着いています。内出血も軽度で少し黄色みがかった内出血がある程度です。眉下切開と下眼瞼切開は術後の腫れが比較的少ない手術です。

眉下切開のダウンタイムについて
眉下切開の術後の腫れは比較的少ないです。術後2~3日目は若干腫れがでますが、その後落ち着いていきます。
内出血に関してはとても個人差があります。今回のモニターさまは比較的軽度です。通常傷から下の部分に黄色みがかった内出血が出現します。強く出た場合には紫色の内出血となります。通常の場合、1週間ほどで内出血は落ち着きます。強く出てしまった場合には目立たなくなるまでに2週間ほどかかることもあります。
術後麻酔が切れてくると痛みがでてきます。痛みに関しても個人差はありますが、比較的軽度です。当日の夜がピークで翌日より治まっていきます。

下眼瞼切開のダウンタイムについて
下眼瞼切開も比較的腫れの少ない手術ではありますが、眉下切開と比べ腫れが強く出てしまう方がいます。腫れの度合いは個人差がありますが、むくむ程度の方から極端に腫れてしまう方がいます。通常1週間程度で腫れは落ち着きますが、強くでてしまった方の場合には腫れが落ち着くのに2週間程度の経過が必要となります。

傷跡について
眉下切開も下眼瞼切開もどちらもメスで切開してたるんだ皮膚を切除するため、傷跡ができます。どちらも時間の経過で傷跡は目立たなくなっていくのですが、下眼瞼切開の傷跡の方が早く目立たなくなっていきます。早い方では1ヶ月程度で目立たなくなる方もいます。通常3ヶ月、遅くても6ヶ月経てば目立たなくなります。下眼瞼切開と比べると眉下切開の傷跡が目立たなくなるには時間がかかります。3ヶ月経っても傷跡に赤みが残っている方が多いです。6ヶ月目くらいから赤みも引いて目立たなくなっていきます。
どちらの傷も時間の経過で目立たなくなっていきますが、できた傷跡はなくなることはありません。

今回行った手術名
眉下切開
 通常価格 330,000円(税込)
下眼瞼切開
 通常価格 330,000円(税込)

眉下切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、傷跡、よれ、引き攣れ、縫合離解、中糸の突出、感染など

眉下切開の詳細

下眼瞼切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、違和感、引き攣れ、左右差、外反、感染など

下眼瞼切開の詳細

関連記事

  1. 眉下切開

    眉下切開で一重のままたるみを改善

  2. 眉下切開

    眉下切開

  3. 眉下切開

  4. 眉下切開

    眉下切開

  5. 経結膜脱脂+眉下切開

    経結膜脱脂+眉下切開

  6. 下眼瞼切開+脱脂

    下眼瞼切開(目の下たるみ取り+脱脂)

  1. 脂肪注入による豊胸術

    2024.06.14

    脂肪注入による豊胸術

  2. 法令線と顎へのヒアルロン酸注射

    2024.06.08

    法令線と顎へのヒアルロン酸注射

  3. 眉下切開+下眼瞼切開(たるみ取り+脱脂)

    2024.05.19

    眉下切開+下眼瞼切開(たるみ取り+脱脂)

  4. 埋没法before&after

    2024.04.29

    埋没法

  5. 眉下切開

    2024.04.21

    眉下切開