下眼瞼切開とは

下眼瞼切開とは、下まつ毛の生え際より切開し目の下のたるみを取る手術です。目の下のしわ、たるみ、目袋と呼ばれる眼窩脂肪のふくらみを改善することができます。

下眼瞼切開はこんなかたにおすすめです
目の下のたるみが気になる
目の下の小じわが目立ってきた
目の下のふくらみが気になる

下眼瞼切開の種類

目の下の治療は目の下のご状態やご希望によって手術の内容が異なってきます。

case.1

目の下のたるみ、しわがある
.
.

おすすめの治療内容
 目の下のたるみ取り

目の下のふくらみ(目袋)がなく、しわ、たるみが強い場合には眼窩脂肪は切除せず、たるんでしまった余剰皮膚のみを切除していきます。

case.2

目の下のたるみ、しわがある
目の下のふくらみ(目袋)がある
.

おすすめの治療内容
 たるみ取り+脱脂

目の下のしわ、たるみが強く、眼窩脂肪の突出(目の下のふくらみ)もある場合には余剰皮膚を切除すると同時に眼窩脂肪を切除します。
※外側に傷を残したくない場合は結膜側から眼窩脂肪のみを切除することもできます。

case.3

目の下のたるみがある
目の下にふくらみがある
目の下のふくらみの下がくぼんでいる

おすすめの治療内容
 たるみ取り+脂肪移動

目の下にしわ、たるみ、眼窩脂肪の突出(目袋)があり、さらに目袋の下にくぼみがある場合には眼窩脂肪を切除せず、脂肪をくぼみの部分に移動し固定します。この手技によって、目の下のふくらみとその下のくぼみを同時に改善することができます。

下眼瞼切開の流れ

問診・カウンセリング
カウンセリングにて現在のご状態を拝見させていただき、ご希望やお悩みをお聞きいたします。ご希望を叶えるにはどういった方法があるのか、お悩みを解決するにはどのような手術があるのかなどアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談ください。


デザイン(図2)
起きた状態で皮膚のたるみ具合や眼窩脂肪のふくらみの有無を確認し、切開ラインをデザインしていきます。

切開ラインについて
下まつ毛の生え際より1~2㎜下側を切開していきます。目頭側から目の外側まで、さらに目尻から外側に引き伸ばします。傷の長さはたるみの度合いによって変わってきます。傷が長いほどたるみを多く取り除くことができます。外側の傷は目立つことがあるので、ご希望に合わせて外側の切開線を決めていきます。


消毒
ベッドに横になっていただき、目元全体を消毒していきます。


麻酔
手術中に痛みを感じることがないように、しっかりと局所麻酔薬を注入していきます。


皮膚切開(図3)
十分に麻酔が効いてから、デザインに沿って切開していきます。


皮下剥離
切開線より皮下を剥離していきます。剥離範囲はたるみの状態、しわの入り方に応じて決めていきます。


眼窩脂肪の処置
皮下剥離後、眼窩隔膜上の眼輪筋を切開し、眼窩脂肪を露出していきます。脂肪移植をする場合には眼窩隔膜上を眼窩下縁まで剥離をすすめていきます。眼窩脂肪を切除するか移動させるかは目の下の状態とご希望に応じて選択が可能です。

脂肪切除(図4)
目の下のふくらみが強い場合には脂肪量に応じて眼窩脂肪を切除していきます。
脂肪移動(図5)
目袋の下にくぼみがある場合には眼窩脂肪を切除せず、突出した脂肪をくぼみの部分の眼窩下縁の骨上に固定します。この手技によって目の下のふくらみとその下のくぼみを同時に改善することができます。


眼輪筋の骨膜固定(図6)

眼輪筋を外側上方に引き上げ、外眼角部の骨膜に固定していきます。この手技によってたるんだ眼輪筋が引き上がり、目の下のたるみが改善するとともに目の下に張りがでます。


余剰皮膚切除(図7)

皮膚切除量について
ご希望の仕上がりになるようたるみの度合いに応じて、余剰な皮膚を切除していきます。切除量が多い場合には一時的に下眼瞼の外反を起こすことがあります。個人差にもよりますが、外反は2~4週間で徐々に改善していきます。


縫合
傷跡がきれいに治るように丁寧に縫合していきます。

下眼瞼切開の方法

下眼瞼切開のよくある質問

Q.手術時間はどれくらいですか。
A.手術内容によりますが、おおよそ60~90分くらいかかります。

Q.腫れや内出血はでますか。
A.主な腫れは2~3日で、1週間程度で落ち着きます。手術中しっかりと止血をおこないますが、内出血する可能性があります。内出血した場合にも1週間程度で落ち着きます。手術後は腫れおよび内出血予防のため、目の下にテープ固定をおこないます。テープは2~3日目にはずすことができます。手術後はご自宅で患部を冷やすことで腫れと内出血を抑えることができます。

Q.痛みはありますか。
A.十分に局所麻酔をおこないますので、手術中に痛みを感じることはありません。術後は麻酔がきれてくると痛みが徐々にでてきますので、お渡しする痛み止めのお薬をお飲みください。

Q.傷跡は目立ちますか。
A.下まつ毛の生え際の傷跡は初め赤みを帯びることがあります。抜糸の後はお化粧が可能ですので、お化粧でカバーすることができます。時間の経過とともに目立たなくなってきます。

Q.日常生活は普段通りおこなえますか。
A.翌日より水洗いでの洗顔は可能です。入浴は翌日よりできますが、長時間の入浴は腫れおよび内出血が強くでるおそれがあるのでお控えください。ジムやサウナ、激しい運動は1週間程度お控えください。

Q.通院の必要はありますか。
A.傷跡をきれいに治すため丁寧に縫合していますので、1週間後の抜糸に1度ご来院が必要です。術後不安なかたやご希望のかたには翌日、1週間後の抜糸、ご状態に応じて随時検診が可能ですので、お気軽にご相談ください。

下眼瞼切開のリスクと合併症
腫れ、内出血、痛み、傷跡、外反、縫合不全、血腫、感染、引きつれ、左右差など

下眼瞼切開
通常価格 300,000円
通常価格 400,000円
通常価格 500,000円